Monthly Archives: 9月 2015

  • -

展示会に出展し成功するためには、3つのポイントがあります

製品の差別化対策を最初に行うことです

展示会場は、政令指定都市やそれに準ずる都市には、専門の会場があるものです。しかし、東京などで行うものと規模が違うため、集客人数が問題になりません。そのために、無理をしてでも首都圏を目指すのですが、地方から行くには費用もかかりリスクも大きくなります。その為には、半年から一年掛かりで準備をしなければなりません。最大のテーマは、紹介する製品のトレンドを徹底的に調査し、同類の会社を調べる必要があります。その会社との差別化対策を最初に行うことです。

展示会場には差別化できる製品だけを出すこと

首都圏で行う展示会場のブース代は100万円単位の費用がかかります。地方から出かけるとなれば、旅費や宿泊費もかかりますので、紹介する製品をより多く並べたいと考えるのは人情です。しかし、ブースの数は多く、来場する人数は一日数十万人になります。押し寄せる人の波の中で、自社製品を売り込むには多くを並べるても目立ちません。差別化できる自信のある製品一品に絞り、それだけの広告宣伝に集中することです。当然ブースの設営も、あれこれはなしで1品に絞って、会社などは聞かれた時に会社案内を出す程度です。

勝負は展示会が終了してからです

展示会場で契約ができるのは稀なことです。展示会場では製品の紹介と名刺や名簿集めに集中することです。どのようにすれば、展示会場を通る人を呼び止めて製品のある場所まで来てもらえるかです。そのためのチラシには工夫が必要です。一目見て、それが何であるかが理解できるものを作る必要があります。チラシを通る人に手渡して、その人の視線がこちらを向いたところに大きなポスターと製品を置いておくことです。名刺の交換をして、帰った後に即名刺の裏に見込み度のサインを入れておくことです。営業は展示会が終了してから1週間が勝負になります。

展示会の施工は、展示会を行うにあたって、お客様がいかに興味を持ち、見たいと思う空間を作るかが大事で、施工次第で展示会自体に興味を持ってもらうことも出来ます。


  • -

トイレ詰まりを直す方法とは?簡単な方法三つ!

トイレ詰まりを直す方法

みなさん、もしトイレが詰まってしまった場合どうしていますか?急に水が流れなくなってしまうと困ってしまいますよね。トイレ詰まりの原因のほとんどは便の詰まりやトイレットペーパーによる詰まりですので、慌てず落ち着いて対処すれば簡単に解決できます!では、まず初めに一番簡単な詰まりの解消法を紹介します。まずバケツに一杯の水を入れましょう。それをトイレの排水口に向かってゆっくりと高いところから流しいれていきます。簡単な詰まりですとこれで直りますので試してみましょう。

トイレ詰まりの直し方その2

では、次に、バケツに水を入れて流しいれる方法ではだめだった場合です。まず、バケツにお湯を一杯いれます。その中にカップ一杯のお酢とカップ半分の重曹を一緒に入れて、お湯の中でよくかきまぜます。これは重曹水と言って、重曹にお酢とお湯を混ぜることで、汚物を柔らかくすることができるんです。この重曹水をトイレの中に入れて、一時間ほど置いておきます。汚物がしっかり柔らかくなったら、トイレの水を流してみましょう。

トイレ詰まりの直し方その3

さあ、重曹水を入れても柔らかくならない頑固な汚物の詰まりを直すにはどうしたらいいでしょうか!そんなときはラバーカップを使用するのがいいんです。ラバーカップを使うと、とても強い力をかけることができるので、頑固な詰まりもあっという間に直すことができるんです。まずラバーカップを排水口にしっかりと押し当てましょう。そして思い切り引いて、押してを繰り返していきます。何度も繰り返しているうちに詰まりが解消されますので、試してみてください!

何の前触れもなくトイレ詰まりになってしまったら、むやみやたらに自分で修理をするより専門の業者に依頼するのがお勧めです。


  • -

急なトラブルにも対応!運転手派遣のメリット

車で来た飲み会でお酒を飲んでしまった場合

日本の法律では、お酒を飲んだ状態で運転をする事は道路交通法で禁止された反則行為ですよね。もし発覚してしまうと取り締まりを受け、罰金を支払う必要がありますよ。飲み会に車で来て参加したにもかかわらずお酒を飲んでしまった場合には、替わりの運転手を派遣してもらうことにより家に帰る事が便利です。電話で依頼すると運転免許を持つ運転手が自分の車を必要な場所まで移動してくれますので、うっかり飲み会でお酒を飲んでしまった場合にも安心ですね。

急な病気にも対応してくれる運転手派遣

車を運転している最中に、急に体調不良に陥ってしまう事は決して珍しい事ではありませんよね。体調不良の状態で運転を続けてしまった場合、事故を起こしてしまうリスクが急上昇し、更に同乗者からも不安に思われてしまいますよね。このような場合は、替わりに運転してくれる派遣の業者を呼ぶ事によって、体調を崩してしまった本人に代わって運転をしてもらう事ができますので、万一の体調不良の際にも安心することが出来ると言えるでしょう。

車の故障が起きてしまった場合の運転手派遣

自分の運転している車が急に故障してしまうなど、運転中には様々なトラブルが起こる可能性が想定されますね。特に、高速道路などの逃げ道が無い場所で急な故障が起きてしまった場合には、その後一切動けなくなってしまいますので大きな支障が出るでしょう。こうしたトラブルに対処するためには、故障車を修理工場まで運搬してくれる大型トラックの運転手を派遣してもらう事が大切ですね。いざという時のために、こうしたサービスを行ってくれる業者の連絡先をメモしてとく事が得策と言えるでしょう。

運転手の派遣とは、役員の送迎や、通勤・通学の送迎まで、プロのドライバーが運転を代行するというシステムのことをいいます。


  • -

怖いトイレ詰まり…防止策と解消方法について

怖いトイレ詰まりは簡単に防げる?

トイレ詰まりを起こしてしまうと水が流れずトイレが使えなくなるだけではなく、水などが逆流し便器からあふれてしまうこともあります。その際、アパートやマンションの場合は階下に水漏れ被害を与えてしまうこともあるため、トイレ詰まりは絶対に避けたいトラブルの一つとなっています。しかし、トイレ詰まりはトイレを使用する時にちょっと気を付けるだけで防げるケースが多いことから、日頃から注意してトイレ詰まりを起こさないようにしましょう。

トイレ詰まりの原因と防止策

日々の使用時におけるトイレ詰まりの原因は大きく次の2つに分けることが出来ます。まず最も多いのがトイレットペーパーなどの紙類による詰まりです。トイレットペーパーは1度に大量に流さない、少量だからとつい流してしまいがちなティッシュペーパーなどにも注意が必要です。次に誤ってトイレに異物を流してしまうことでも詰まることがありますので、ポケットに入れた財布や携帯電話や子供のおもちゃなどトイレ使用時には落とさないように注意が必要です。

知っておきたい!トイレ詰まりの解消法

注意をしていてもトイレが詰まってしまった場合はどうしたら良いでしょうか。自分で簡単に出来る解消方法として挙げられるのがラバーカップを使用する方法です。紙類や汚物が原因のトイレ詰まりはこれで直ることもありますので、ホームセンターなどで購入して用意しておくと安心ですよね。また、見えない部分にひっかかってしまった異物が原因の場合やラバーカップでも取れない場合、配管自体に詰まりの原因がある場合は、無理に直そうとせずに水回り業者に修理を依頼するのが最も確実なトイレ詰まり解消法と言えるでしょう。

水漏れを放置しておくと、深刻な被害をもたらします。ただちに専門の業者に依頼して、対応をお願いすべきです。